ファッションショー通信② 【希望】編

環境デザイン学科のファッションショーは、服飾デザインマネジメントコース(通称:服飾DMコース)の3年生が中心となり、4年生や他コースの学生や下級生のサポートメンバー によって運営されます
今回からはファッションショーを構成する一つ一つのシーンの衣装制作の様子をクローズアップして、皆さんにご紹介していきます。
取材をしてくれたのはファッションショーDPプレス取材チームの学生です。

―――――――
こんにちは!
今回は、4年生の【希望】の制作チームにお話を伺ってきました。

なぜ『希望』というテーマにしたのですか?

私たちは未来に対して『希望』を持っていると考えています。私たちのイメージする『希望』は、「進んでいく、前を向いていく、明るい、キラキラ…」などで、特に「進んでいく、前を向いていく」というイメージから、余計なものを削ぎ落としシンプルなシルエットの衣装にしました。素材としては、「明るい、キラキラ」がイメージできる白、黄色の透ける布を用い、スパンコールを使った装飾でキラキラを表現していきます。

工夫した点はどんなところですか?

『希望』は前向き、前を向いていくイメージから、余計なものを削ぎ落としたシンプルなシルエットで、まっすぐ突き進んでいきそうな感じにしました!黄色と白と透ける素材を駆使して頑張ります。

image1

実際に使用した素材

『希望』というテーマに対して、皆さんはどんな気持ちで取り組んでいるのですか?

『希望』というテーマで明るいイメージを表現していこうと思っているので、製作している時も明るく前向きな気持ちで衣装を作っていきたいと思っています。あとは、私たちのシーンはみんなでコミュニケーションを取りながら協力して楽しくやっています!!

image2

『希望』シーンのメンバーの皆さん

シーン長の嶼田さんをはじめ、みなさん良い方でこのファッションショーを楽しみにし、成功させたいという気持ちがすごく伝わってきました。
私は去年初めてこのファッションショーを見て感銘を受けたので、今年はどんなファッションショーに仕上がるのか、とても楽しみです!
(ファッションショーDPプレス取材チーム 担当:滝本・海老沢)

————

ファッションショー(学園祭)は11/10(土)11(日) 12:30~/14:30~
ご来場をお待ちしております。

(助手 相島)

 

  • tweet
  • Facebook