ファッションショー通信④ 【嫉妬】編

前回に引き続き、ファッションショーを構成する一つ一つのシーンの衣装制作の様子をクローズアップして皆さんにご紹介していきます。
取材をしてくれたのはファッションショーDPプレス取材チームの学生です。

———
こんにちは!
今回、お話を伺ったのは4年生の【嫉妬】のシーンです。

このシーンのコンセプトは何ですか?

このシーンは、「いつの時代にも存在する、女同士の強気な嫉妬」をコンセプトとしています。女性が持っている嫉妬心は、時としてその人を動かすための原動力やエネルギーになりえます。そんな嫉妬心に突き動かされる女心を表現していきたいと思っています。

集合

嫉妬のシーンの皆さん

衣装のデザインにはどんな特徴がありますか?

衣装のデザインとしては、明治時代の文明開化の頃の鹿鳴館などで着用されていたバッスルドレスの要素を取り入れたのが特徴です。ドレープ、プリーツ、ギャザー、ハイネック、スクエアネック、Vネック、オフショルダーを組み合わせ、現代風のデザインにアレンジしました。
色にもこだわっていて、嫉妬を表現するために「赤」を用いたのですが、1色の赤だけにはせず、激しい嫉妬を表すためのエネルギッシュな「鮮やか系の赤」と、嫉妬の黒々とした面を表現する「深みのある赤」を融合させました。

DSC_0260

ドレープの効いたバックスタイル

DSC_0261

ギャザーフリル付きのスカート

DSC_0271

バッスルドレス風のデザイン

DSC_0269

Vネックでプリーツがあしらわれた胸元

どんなところに注目して欲しいですか?

ボリューム感のある衣装からは嫉妬心からくる女心のエネルギーを、アシンメトリーで表現したデザインからは嫉妬による感情の不安定さ、激しい感情のぶれなどを感じ取ってもらいたいです。赤で統一したきらびやかでゴージャスな衣装をご期待下さい。

DSC_0267

チュールで覆った現代風のドレス

DSC_0264

鮮やかな赤と深みのある赤が混ざるドレス

・・・ということでした!
このシーンの衣装は1度見たら忘れない鮮やかな赤がとても印象的でした。女のエネルギッシュかつ不安定で繊細な嫉妬心が隠れていると思うと、よりステージを楽しめますね!!本番がどんなステージになるのか楽しみです!
(ファッションショーDPプレス取材チーム 担当:曾雌・中沢)
————
ファッションショー(学園祭)は11/10(土)11(日) 12:30~/14:30~
ご来場をお待ちしております。

(助手 相島)

  • tweet
  • Facebook