ファッションショー通信⑥ 【oneness】編

前回に引き続き、ファッションショーを構成する一つ一つのシーンの衣装制作の様子をクローズアップして皆さんにご紹介していきます。
取材をしてくれたのはファッションショーDPプレス取材チームの学生です。

———

みなさんこんにちは!
今回は3年生の【oneness】のシーンです。
シーン長の西山さんにお話をを伺いました。

DSC_0270

onenessシーンの皆さん

 

 

 

 

 

 

 

 

『oneness』というテーマにした理由はなんですか?

はじめに、メンバーとどのような世界観を作り出したいかを話し合った結果、
「調和、未来、かわいい」を主軸に衣装を考えることになりました。
中でも『調和』というキーワードを一番大切にしたかった為、『oneness』に決めました。

 

全体のテーマである「complex」からどのようにこのテーマに結びついたのですか?

“誰しも過去にはネガティブな出来事を経験していますが、それを乗り越えて未来は平和で調和した世界になって欲しい、「complex」から「oneness」への変化を願う気持ち”を表現します。

 

何か工夫した点はありますか?

私たちは白を基調に表現することに挑戦しました。白は(何が?布と布?)重なりあった時にデザインが綺麗に表現できる色です。布地も柄がある生地や光沢のあるもの、マットな素材などデザインイメージに沿ってこだわって選びました。

oneness

レースのフリルでかわいいイメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

ここを見て欲しいというポイントなどがあったら教えてください。

どこか民族衣装らしさのある衣装ですので、衣装全体ももちろんですが、
手作業で一つひとつ丁寧に作ったフリルや、装飾で縫い付けたビーズやスパンコールに注目していただきたいです。

 

oneness2

手作業のこだわりが感じられる襟、胸元

 

 

 

 

 

 

image3

スパンコールが縫い付けられて華やか

 

今回取材させていただいた『oneness』は、白を基調として作り上げているシーンで、一見シンプルですが細かな部分の装飾にこだわりをもって制作されているなと感じました。「調和、未来、かわいい」というテーマ、民族衣装、白、これらがどのように掛け合わされ一つのシーンになっていくのか、とても楽しみですね。

『oneness』シーンの皆さんありがとうございました。本番も楽しみにしています。
(ファッションショーDPプレス取材チーム 担当:海老沢・滝本)
———
ファッションショー(学園祭)は11/10(土)11(日) 12:30~/14:30~
ご来場をお待ちしております。

 (助手 相島)

  • tweet
  • Facebook