ファッションショー通信⑧ 【Re Challenge】編

前回に引き続き、ファッションショーを構成する一つ一つのシーンの衣装制作の様子をクローズアップして皆さんにご紹介していきます。
取材をしてくれたのはファッションショーDPプレス取材チームの学生です。

———

こんにちは!
今回は3年生の【Re Challenge-再挑戦-】のシーンにお話しを伺いました。

このシーンのコンセプトを教えてください。

私たちのシーンは「後悔からの再挑戦。その姿からあふれ出す輝きと感情の揺れ動きの美しさ」をコンセプトにしています。後悔そのものは辛く暗い感情ですが、それは同時に自分自身を見つめるということでもあります。「自分を見つめ直して再び挑戦しようと思うことはその人を成長させることに繋がる」と、私たちは考えました。

DSC_0268

Re Challengeシーンの皆さん

 

 

 

 

 

 

 

 

このテーマにした理由は何ですか? 

私たちメンバーは、もともと「美しいものや優雅なものを作りたい」と思っていました。そこで、水を表現すれば美しいのではという話に至りましたが、それだけでは面白みがないと思いました。そこで、水をイメージした造形で人の感情を表現してみようということになりました。そして、後悔から再び前を向いて挑戦しようとする前向きな気持ちは美しいと思い、今回のテーマに決めました。

 

衣装のデザインの特徴は何ですか?

 

デザインの特徴は、布をふんだんに用いて水の動きを表現しているところです。また、「後悔」という気持ちを表現するために全体的に深みのある青で統一しました。その青もただ深みがあるだけでなく、ベロアやサテンといった光沢のある布地を使用することで「挑戦」という前向きな気持ちも表現しています。さらに、衣装に使われているオーガンジーの重なりは、「後悔の積み重なり」を表しています。そして、そのオーガンジー(後悔)が重なっていくと美しくなるため、暗い気持ちがやがて「挑戦」という前向きな感情に変わるという意味を込めました。

S_8536928573646

使用する様々な素材

 

 

 

 

 

 

S_8536928432077

積み重なったオーガンジーで表現する後悔

 

衣装を制作するうえで大変だったことは何でしょうか?

どの衣装にもふんだんに使用しているオーガンジーの扱いでした。オーガンジーはなかなか思うような形になってくれないのでとても大変でしたが、シーンのコンセプトを表現するうえでとても重要な役割を果たしてくれています。

このシーンの見どころは何でしょうか?

水の動きをモチーフにしているので、水の動きが美しく見えるように制作しています。ぜひ、衣装から水の動きを感じ取っていただければと思います!

S_8536928529015

水の動きを表現するフリル

 

・・・ということでした!
このチームの衣装は水の動きを表現するということもあり、水色や青色の類の色が多く用いられていますが、それだけでなく、それぞれの色が持っている特有の清潔感や品位といった美しさ、材料の質感からにじみ出る後悔の気持ちが感じられるとても美しい衣装となっていました。本番がとても楽しみです!
(ファッションショーDPプレス取材チーム 担当:曾雌・中沢)

———
ファッションショー(学園祭)は11/10(土)11(日) 12:30~/14:30~
ご来場をお待ちしております。
(助手 相島)

  • tweet
  • Facebook