ファッションショー通信⑬ ファッションショー本番 前編

11/10,11に行われた秋桜祭のファッションショーにはたくさんの方にご来場いただきました。今回はファッションショー本番の前編をお届け致します。
取材を担当したのはファッションショーDPプレス取材チームの学生です。
——–
こんにちは!とうとうファッションショー本番を迎えました!
今回はファッションショー本番の前編のシーン、「labyrinth」「嫉妬」「pride」「nostalgia」についてお伝えしていこうと思います!

【Labyrinth】
シーンのコンセプトは「周りの波に流されたくないけど、自分を主張するのは怖い。様々な感情を抱えながら必死で生きる少女たち」です。
衣装は赤と灰色とクリーム色で統一されていて、キルティングやキツくよせられたギャザーの装飾が印象的でした。モデルさんたちの人形のようなカクカクした独特のウォーキングもこのシーンの魅力のひとつで、labyrinthの可愛らしい雰囲気が伝わってきました。ハイヒールのシーンが多かったなかで、バレエシューズを選んでいたこともあり、より少女らしさを演出していたのではないかと思います。

DSC_4845済

Labyrinth①

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4842済

Labyrinth②

 

 

 

 

 

 

 

【嫉妬】
シーンのコンセプトは「女同士の強気な嫉妬。女の強気な嫉妬が己を動かす原動力、エネルギーとなっていく様子を表現する」です。
衣装は、赤と金色で統一されていて、情熱的で力強く凛々しい雰囲気を感じました。衣装の形もバッスルドレスがベースとなっていてエレガントで「大人の女性」のセクシーさを持ち合わせている衣装だったと思います。また、シーンのメインとも呼べる衣装は、飾りのついた大きな帽子とボリュームのあるドレスが魅力的で、着用していたモデルさんの堂々としたウォーキングが相まって貫禄と女帝のような雰囲気から、不思議な緊張感を覚えました。

IMG_1427済

嫉妬①

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2097済-2

嫉妬②

 

 

 

 

 

 

【Pride】
シーンのコンセプトは「弱さを隠し、強い自分を見せて生きる。劣等感から生まれた弱さと芯の強さ。そんな心情が複雑に絡み合う面倒な自分。」です。
衣装は、黒とシルバーで統一されていて、どこか鋭さを感じさせるような雰囲気を帯びていました。唯一、男性のモデルさんがいたということもあり、他のシーンとはまた違う演出となっていました。
黒い布の衣装の上のから覆うようにシルバーの装飾がされていて、コンセプトの「弱さを隠し、強い自分を見せて生きる」というメッセージが上手く込められていると改めて実感しました。

DSC_4882済

Pride①

 

 

 

 

 

 

IMG_2232-2済

Pride②

 

 

 

 

 

【Nostalgia】
シーンのコンセプトは「イマドキの洋服も好き。でも、懐かしさを感じる和服も好き。普段和服は着ないけれど、日本の文化に愛着と誇りを持っている。そこで、懐かしさと新しさを服で表現する。」です。
シーンの衣装のベースの形は和服ですが、トップス部分がブラウスのようになっていたり、ボトムス部分がスカートのようになっていたり、ブーツを組み合わせていたりと、イマドキの服と懐かしさのある和服を見事に調和させたスタイルになっていました。色合いも、ややくすんだような和風の色味が白のレースなどの装飾に映えていたと思います。

DSC_4904済

Nostalgia①

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4604済

Nostalgia②

 

 

 

 

 

 

ショーの後で、モデルさんにお話を伺いました!
ショーの前の意気込みはどうでしたか?

ショーの前は、ワクワクしていました。これまでに何回もウォーキングの練習をしてきて、やっと制作者の方が一生懸命作られた衣装を見せられると思ったら、楽しみで仕方ありませんでした!

本番を終えていかがでしたか?

無事終了してくれて安心しました。まだ物足りない感が残っています。
ショーが終わった翌週も練習に行ってしまいそうです。(笑)見に来てくれた友達もすごく楽しんでくれました。私も楽しくランウェイを歩くことができて、モデルに選んでくださった制作者の方々には感謝してもしきれません!

ということでした!
忙しいなかで貴重なお話をありがとうございました!
ショーの終了後、家族や友人と話をしたり、写真撮影をするモデルさんやスタッフの先輩方はとても和やかな雰囲気で、会場内ではたくさんの笑顔が見られました。一年かけて企画したとても大変なファッションショーですが、こうして多くの人びとの笑顔や来て良かったといった言葉を頂けるので、「来年も頑張ろう」と思えます。来年もまた、今年の先輩方に負けないくらいのショーが出来るようにみんなで協力しあっていきたいです!
(ファッションショーDPプレス取材チーム 担当:曾雌・中沢)
——

ポスター試し2

ファッションショーにご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。
次回は、ファッションショー本番 後編をお伝え致します。

(助手 相島)

  • tweet
  • Facebook