フランスミュルーズ物性研究所(IS2M-CNRS)訪問

3月(卒業式後)フランス・アルザス地方にあるミュルーズ物性研究所(IS2M-CNRS)を訪問した。研究所は上アルザス大学(Université de Haute-Alsace,UHA)キャンパス内に位置する。研究所内の撮影は許可されなかったため、入り口での写真をUPする。

DSC_1000-min-min

今回は、CNRS-JSPS二国間共同研究によるIS2M-CNRS訪問であり、研究所を見学させていただき、ディスカッションに参加した。研究内容については、未発表であるため、こちらでの記載は控える。

TEM-EDやSEM-EDXといった最先端の顕微鏡や付属分析機器を見せていただいたが、それぞれに専門の分析官がスタンバイしており、素晴らしい研究環境であった。

お招きくださった研究所の先生、研究室のドクターコースの院生さんたち、日本から同行した先生には大変お世話になりました。

教授 中山榮子

 

  • tweet
  • Facebook