海外研究者招聘シンポジウム

1月24日25日に海外研究者招聘シンポジウム「急成長する次世代のカンボジア文化」が開催された。王立プノンペン大学 外国語学部日本語学科 ロイ・レスミー学科長、王立芸術大学 客員教授 山田隆量氏、ソーシャルコンパス 中村英誉氏をカンボジア プノンペンから招集し、シンポジウムを行った。会場は満員御礼で企業関係者、トヨタ財団はじめ財団関係者、国際交流基金アジアセンターはじめ公的機関関係者など多くの方々がお見えになり、立ち見の心配があったほどである。同時に学生ホールで開催した「カンボジア文化展」も王立芸術大学の絵画作品やサコーペアン(ヤシ砂糖)の試食、昆虫食プロジェクト、国宝級のカンボジア伝統絹絵絣ピダン展示などあり、会場を華やかに盛り上げた。本学にカンボジアの文化が舞い降りたようであった。環境デザイン学科 藤澤忠盛
Up1

Up2

  • tweet
  • Facebook