渋谷芸術祭2015

image10

 

「ハロウィン」と言えば「渋谷」というイメージが定着しつつある事を改めて知った先月末、10/30・10/31の2日間、渋谷芸術祭が開催されました。

7回目を迎えた同芸術祭ですが、今年も渋谷らしく多様で活気のあるイベントが渋谷各所で実施され、昭和女子大学でも学外プロジェクトの一環として、35名の学生が渋谷芸術祭の運営をお手伝いしました。

http://shibugei.jp

芸術祭の様々なイベントでの運営サポートに加え、1年生から4年生まで、建築/インテリア、プロダクトデザイン、デザインプロデュースというそれぞれのコースに所属する学生が、グループで創作活動を行い、ヒカリエで行われたSHIBUYA AWARDにて作品を展示させて頂きました。

渋谷の街のエネルギーを心臓に見立てて表現した立体製作や、コラージュとスパンコールで渋谷の明るさを表現した作品、本年度芸術祭のテーマでもある”PLAY”をテーマに写真をコラージュした作品など、「渋谷」「2015年」「ハロウィン」をキーワードにした創作が並び、参加学生も改めて渋谷の魅力や歴史を知る事が出来たようです。

来年以降もより同芸術祭と深く関わりあえる様、渋谷に関する様々なフィールドワークや歴史や特性に関するワークショップを学内でも実施していく予定です。

Processed with VSCOcam with a6 presetProcessed with VSCOcam with kk1 preset

image6image7

  • tweet
  • Facebook