銅版画で綴る近代建築の魅力 その6

尾澤医院

 東急世田谷線(三軒茶屋~下高井戸)の上町駅から徒歩2分、シュロやヒマラヤ杉等がうっそうと生い茂る敷地に旧尾澤醫院の建物があります。同医院は住居兼用として、昭和6(1931)年頃に建てられました。2階建てで、1階の東半分は診療用、西半分ならびに2階全室は家族用の領域でした。エッチングの中央と左寄りにそれぞれ玄関がありますが、前者は医院用で、後者は住まいに通じる内玄関でした。施主の尾澤章(1898~1966)は内科から外科まで手掛けていましたので、室内にはレントゲン室と手術室がありました。2階は和室を主としていますが、建物全体を洋風の外観で包み込んでいますので、和室の存在は外からは分かりません。このような造り方は、大正期からの規模の大きな洋館によく見られました。
 陸屋根(ろくやね)の建物なので、鉄筋コンクリート造に見えますが、木造です。大小の箱を組合わせたかのような外観の窓から上を、黄土色のリシン仕上げ(モルタルを引っ掻いて粗面にしたもの)とし、そこに外開きの連続窓と三角柱状の出窓が付きます。また、緑色の釉薬(ゆうやく)洋瓦が水平の彩を添えるほか、円窓、アール・デコ調の文様を持つ鉄製格子、車寄せの尖頭アーチ等の様々なスタイルと仕様が見られます。
 このように尾澤醫院は、昭和初期に流行したモダニズムの影響と幾何学的な造形志向のほかに、建築界の多様な動向が一堂に集まっているという点で、興味深い事例と言えます。今は医院ではなく住居として使っています。

(教授・堀内正昭)

 

  • tweet
  • Facebook