服飾デザインマネジメント

コース紹介

資 格  カリキュラム

ファッション業界では、産業の多様化により企画力、技術力、経営管理能力などをトータルに身につけた人材が求められています。
服飾デザインマネジメントコースでは、現場のニーズに対応できる人材の育成を目指しています。具体的には情報分析力や時代のニーズを的確に把握する力を養い、アパレル商品の企画からデザイン、パターン、生産、展示、管理、小売までのファッション業界の仕事の流れをトータルに学びます。
さらに、素材や製品の機能性、品質の管理なども身につけることができます。

コースの特徴

ファッションビジネスの分野で活躍する人材を育成

卒業生は商品企画や品質管理などの分野で、またファッションアドバイザーやデザイナーとしても活躍しています。

多彩な授業科目によりデザイン力や幅広い企画力を育成

アパレル関連企業のデザインや企画では、衣服のデザインだけではなく、生活スタイルを含めた提案が求められています。服飾科目の他に建築、プロダクト、デザインプロデュースコースの科目を学ぶことができるので、視野を広げ、生活の中でファッションを捉えることができます。

アパレル業界で活躍している専門家による授業

アパレル企業で活躍しているファションデザイナー、企画やマネジメントの専門家を招いて、ファッションビジネスの現場に対応できる授業を開設しています。さらにインターンシップなども取り入れて就職に結びつけています。

ファッションを科学し、製品を見極める力の育成

素材、製品の機能性、品質管理などのファッションを科学する授業を履修することにより、衣料管理士の資格を取得することができます。この資格を活かして、繊維製品の検査機関や企業のお客様相談室へも就職しています。

就職活動のサポート

ガイダンス

本コースを卒業し、 アパレルの企画・広報、 デザイナー、繊維製品の検査機関の専門職、家庭科教員として活躍しているOGを招いて、仕事の内容や就職活動の進め方などについてアドバイスを受けます。

インターンシップ

卒業後の進路について考えるため、夏休みや春休みを利用してファッションビジネスの現場で就業体験をします。

資格

下記の資格を取得できるよう、サポート体制をとっています。
なお、教職・学芸員などの資格は一定の科目を履修することにより取得することができます。
■取得できる資格
一級衣料管理士、高等学校教諭一種(家庭)
中学校教諭一種(家庭)、学芸員
■在学中に目指せる資格
カラーコーディネーター、色彩検定
繊維製品品質管理士、ファッションビジネス能力検定
パタンナー

就職

■企画・開発
マーチャンダイザー、ファッションディレクター
ファッションコーディネーター
■設計・デザイン
デザイナー、パタンナー
■流通
プレス(広報)、ファッションアドバイザー
■商品・品質検査
公的機関やアパレル企業の商品試験室
■教育:家庭科の教員など幅広い分野で活躍しています。
資 格カリキュラム