ファッションショー報告【本番/後半】

前回に引き続き、本番後半のステージの様子をご紹介します。

 

——————————-

 

今回紹介するのは、ファッションショー後半の”pain”、”only”、”glamour”、”sanctuary”の4シーンです。

どのシーンもそれぞれに個性があり、素晴らしいステージに仕上がっていました。

 

pain1pain2

 

 

 

 

 

 

”pain”

【pain】:苦痛

わたしの精神的な苦しみや葛藤。

日々もがきながら生きている中で感じる苛立ちや後悔、劣等感。

何も考えられず、自分を閉ざしたくなる。誰かに知ってほしいmy pain.

 

painのシーンは衣装の素材を黒で揃えており、どのチームより迫力とインパクトがありました。

特に最後のモデルさん(写真左)がランウェイを歩く場面ではpainのコンセプトをより表現する演出に、見ている側も圧倒されました。

 

only1only2

 

 

 

 

 

 

”only”

手仕事によって生まれる、機械には出せない味。

私だけの特別なかたち、いろ、あそび、そして感覚。

 

onlyは衣装の生地にこだわっていて、とても繊細なフリーレースが印象的でした。

明るい色の軽やかな衣装が女の子らしく、可愛いステージでした。

 

 

glam1glam2

 

 

 

 

 

 

“glamour”

ほんのり香る… ”大人の色気と可愛らしさ”

 

サテン生地を使用していて、セクシーで上品なステージに仕上がっていました。

モデルさんの自信に満ち溢れた表情とキラキラした衣装に、見ている側もうっとりした気分になりました。

 

%e2%98%85sanc4%e2%98%85sanc1

 

 

 

 

 

 

”sanctuary”

いろいろなことに追われる日常から 逃げたいとき 思い描く夢の世界

そこは誰も知らない私だけの楽園

 

このシーンは、妖精のようにフワフワした雰囲気の衣装と音楽が印象的で、とても素敵なステージでした。

モデルさんも靴を履かずランウェイを歩いており、着飾った美しさではなく、自然の美を匂わせる演出でした。

 

どのシーンもそれぞれにインパクトや個性がでていて、衣装を上手に着こなすモデルさんを通してとても素敵なステージになっていました。

制作者の先輩方、お疲れ様でした!来年も楽しみです!

 

(ファッションショーDPプレスPR班:三浦、染谷)

——————————-

 

来年、運営の中心となる現2年生は 既に動き出しているようです。

次回のファッションショーは、例年とは少し違ったものが見られる…かも??

乞うご期待!

(助手:森岡)

  • tweet
  • Facebook