「日本のファッションの未来性」デザイン計画特講(チーフキュレーター深井晃子先生)

京都服飾文化研究財団の理事でチーフキュレーターの深井晃子先生に、「ファッションの変質とテクノロジー:日本のファッションの未来性」というテーマで講義をしていただきました。

深井先生が中心になって2010年にロンドンで開催された「Future Beauty:30 Years of Japanese Fashion」展は好評で、その後ドイツ、東京で行われ、今年は米国のシアトルとサーレムで、来年以降は京都、オーストラリアで行われる予定です。

この講義では日本のファッションデザイナーがそれまでのファッションの概念を脱構築して21世紀へと先導したこと、それを実現したのは日本のテクノロジーの支えに負うことが大きかったことなどを豊富な写真資料を提示してお話し頂き、あっという間の楽しい90分でした。

(教授 猪又美栄子)

RECOMMEND

TOP