「船ノウチ」プロジェクト 杉浦久子研究室

建築・インテリアデザインコース、杉浦久子研究室では、毎年まちに出て、地域の方々といっしょに、実際に使うことの出来る仮設空間をセルフ・ビルドで制作しています。

この夏は愛媛県今治市大三島と岩手県釜石市。本当に西へ東へ。

まずは西へ。大三島のプロジェクト。

最近、建築のノーベル賞と言われるプリッツカー賞を受賞された建築家、伊東豊雄氏の美術館「今治市伊東豊雄ミュージアム」開館三周年記念展「日本一美しい島 大三島をつくろうプロジェクト2014」に杉浦研究室で参加し、「船ノウチ」プロジェクトを展示しています。

本当に箱庭のような素敵な場所です。是非観にいらしてください。

 
*「船ノウチ」プロジェクト説明展示

場所:今治市伊東豊雄ミュージアム

期間:2014年7月26日(土)〜2015年6月14日(日)

*「船ノウチ」実物展示

場所:大三島ふるさと憩いの家 広場

 期間: 2014 年8月30日(土)〜31日(日)終日展示 &

18時からドリンクバー “宗方バル”  OPEN 31日はBBQあり

 

*「船ノウチ」趣旨

大三島には豊かな地域資産があります。箱庭のような美しい風景、穏やかな人々、

自然の実りと共にある沢山の祭り。そして、島であるからこそもたらされた船の文化。

都市の暮らしの中で失われた大事なものが本当にここには沢山残っています。

ここに木造和船に人が集まってくる 「船ノウチ」(ドリンクバー“宗方バル” )

をつくります。

 

この地区には宗方八幡神社と関係した「宗方櫂伝馬(かいでんま)」という木造和船レースの

祭りがあります。今年15年振りに復活!という噂を耳にし、練習を拝見しました。

暮れ行く海が暗闇になっても、灯りの中でいつまでも練習は続き、船に集う人々の静かな

熱狂の中に、宗方の魂や絆を感じたことから、「船に集う人々の場−船ノウチ」をつくりたい!と思いました。

「船ノウチ」は、この地区の海沿いにある木造の小学校(現:「大三島ふるさと憩いの家」)にあったらいいと、地域の方々と私たち皆で考え、一緒につくることにしました。

今年6月に「宗方櫂伝馬・十七夜祭」はこの前の海で行われ、沢山の人で賑わいましたが、

さらにこの場所が地域の交流の場となってゆくことを願います。

 

また、「船ノウチ」は、「櫂伝馬」を運動会用テントの架構に蚊帳を掛けた中に入れ、

船のお神酒もいただけるドリンクバー “宗方バル” となります。夕暮れ、広場でのBBQや

蚊帳で覆ったガラスの「星ノウチ」とも連携し、サイクリストなどの休憩場所としても

機能します。ここにある伝統・もの・人・風景を活かして、ささやかでも豊かな場ができたら、と思います。

 

(もう何度も大三島に通い、いよいよこれから設営のため旅立ちます。)

学校から大三島に場所を移し、製作中↓↓↓

 

研究室HP : https://sites.google.com/site/sugiurahp/

杉浦久子

 

RECOMMEND

TOP