デザイン企画演習Ⅰ2(2年生)の授業風景

昨年もこの時期に授業風景を紹介させていただきました。今年は昨年より人数多めです。

「まち」を調べるワークショップも2つのグループに分かれて作業しました。今年の「まち」は三軒茶屋から2駅離れた桜新町です。初回の授業は、台風一過の青空が広がる中、カメラを持って桜新町を散策。各自が気づいたモノ、ヒト、出来事をカメラに収めてきました。それらの写真をもとに「まちを知る」ためのワークショップを行いました。

 

 

 

まずは各自が撮ってきた写真をカードサイズに印刷し、皆で話合いながら特徴別に分けていきます。その過程で気づいたことをお互い出し合います。

それらを元にそのエリアの特徴を地図に記入していき「まち」の全体像と部分の特徴を把握します。

そしてグループ毎にその成果を発表、皆で意見交換しました。同じ「まち」を歩いたはずなのに見つけるものが違うのはとても興味深いことです。そしてそうした視点の違いが各自の作品の個性へとつながっていくのです。

この授業は大学の4・5講時に行われています。始まりは14:50外はまだ明るいのですが、次第に暗くなり、授業が終わるころ18:00にはご覧のとおり、外は真っ暗で夜景が見えます。これから寒くなりますが、年明けの課題提出に向けて頑張りましょう!

(准教授 金子友美)

RECOMMEND

TOP