デザイン計画特講B

11月28日のデザイン計画特講は、講師に日本を代表する構造デザイナー新谷眞人氏を迎えました。新谷氏は伊東豊雄、隈研吾、谷口吉生、原広司といった日本を代表する多数の建築家と協働され、数々の著名な建築の構造設計を行っています。主な作品にはTOD’Z表参道やONE表参道、葛西臨海公園展望広場、宮城県図書館などがあり、建物名は知らなくても、ネットで検索し、その姿を見れば多くの人が「見た事がある!」とうなずけるインパクトある建築を多数設計されています。(是非検索してみて下さい!)

今回の講義では自身の興味ある内容から始まり、空間の成り立ち、その中での構造の役割・発展について丁寧に語っていただきました。

私自身、大学入学前には建築=建築家(デザイナー)といったイメージが非常に強かったのですが、建築にはそうしたデザインを裏で支え、時には表に立ってイメージを率先する構造や設備、材料といった分野があります。これから建築を生業としようと志す学生にとっては、そうした建築分野の奥深さみたいなもを、十分に堪能できた時間となったのではないでしょうか。(専任講師:森部康司)

RECOMMEND

TOP