ファッションショー通信⑥ Magnifique編

前回に引き続き、ファッションショーを構成する1つひとつのシーンにクローズアップをして、衣装制作の現場の様子を皆さんにご紹介をしていきます。
取材を担当したのはファッションショーDPプレスPR班チームです。

———

こんにちは!
今回は4年生が手掛ける【 Magnifique 】の制作チームに取材してきました!

★Magnifique

 

 

 

 

コンセプトは『現代に生きる私達から見る中世ヨーロッパの貴族たち』

美しさのために彼らは過剰なほどに「盛って」いました。ミレ二アル世代の私たちが考える新しい「盛る」文化を表現しています!

古着のデニムを使い、古いものを着回すという今の文化を取り入れ、スニーカーやピンヒールを履かせることでワカモノ感を出すようです!綿レースで貴族感が出ています!

作品全体としては、一部分を過度に強調したデザインが特徴的でした。写真のように強調している部分は衣装によってそれぞれ異なっています!

★マグニ①

 

 

 

 

 

実際に使っている古着のデニムも見せてもらいました!

★マグニ②

 

 

 

 

現代ではセレブの人もデニムを着ますが、昔の貴族たちは着なかったことから“変化していく”様を表すものとして取り入れ、ワカモノ感を出す事を意識したそうです!
他にも素材として、綿レース、オーガンジー、チュール等を使っているそうです。
綿レースは中世ヨーロッパ時代からある“継承しているもの”の象徴として取り入れられていました。

取材をしてみて、私たちにとって身近なデニムを使って中世ヨーロッパの貴族の「盛る」文化を表現していることに驚きました。
ウォーキングでは貴族たちの独特な仕草が取り入れられる予定だそうです!そちらも気になりますね!
(ファッションショーDP プレスPR担当:中沢・曽雌)

                                                                                                                                                

ワカモノフィルターポスターA4

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッションショー(学園祭)は11/11(土)12(日) 12:30-/14:30-
ご来場をお待ちしております。

(助手 相島)

 

 

RECOMMEND

TOP