ファッションショー通信⑧ symbiosis編

前回に引き続き、ファッションショーを構成する1つひとつのシーンにクローズアップをして、衣装制作の現場の様子を皆さんにご紹介をしていきます。
取材を担当したのはファッションショーDPプレスPR班チームです。

———

こんにちは!!
今回は、3年生が手掛ける【Symbiosis】の制作チームに取材してきました!

Symbiosisとは、『共生』という意味。
新しいものと古いものを受け入れ、時には融合させたりして調和を取りながら文化を認めあうことをコンセプトに作品を作っていました。

★DSC_0077

 

 

 

 

 

和と洋の融合をテーマのひとつとしていて、ちりめんや矢絣という和柄の素材を用いた洋風なデザインの衣装でした!
また、すべての衣装に帯地を用い、衣装のアクセントになるようなパーツとして取り入れているのが特徴です。
作品の一部をお見せします!

シンビ③

洋風な柄やフリルによって和柄が洋風になっていますね!
帯の和柄が洋風なデザインの中にある事で印象ががらりと変わって素敵でした。
また布地の手触りが独特で驚きました。

私達が着ている現代の洋服と日本古来の和服を組み合わせて時代の融合を表しているのは、ファッションショーのテーマでもある「ワカモノフィルター」にぴったりですね。
ステージではどんな演出が見られるのか楽しみです。

(ファッションショーDPプレスPR担当:中沢・曽雌)

                                                                                                                                                

ワカモノフィルターポスターA4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッションショー(学園祭)は11/11(土)12(日) 12:30-/14:30-
ご来場をお待ちしております。

(助手 相島)

 

 

RECOMMEND

TOP