フェアトレード・オンラインイベント開催

フェアトレードを正しく理解するため、第一線で活躍している4つの団体を迎え、去る11月に昭和女子大学の学生を対象にオンラインイベントを開催しました。




イベントは「フェアトレードって何? -今私達にできることを考える-」として、「フェアトレードタウン世田谷」「駒澤大学 経済学部 山中教授ゼミ」「NPO法人 パルシック」「NPO法人 FTSN関東」の代表者に登壇いただきました。本イベントは「セミナー」と「オープンディスカッション」の2部構成で、参加者の理解をより深められるように構成しました。




第一部の「セミナー」では、継続的な昭和女子大学でのフェアトレード活動を目的とし、活動の具体的な内容、困難なところ、コミュニティの形成方法、商品開発、フェアトレード認定までの道のりをイメージできるように工夫しました。




 第二部の「オープンディスカッション」では、具体的なフェアトレード商品の解説、またフェアトレードの未来、これからの各団体の目標など、ゲストも含めた参加者全員で話し合う時間を設けました。




イベント後に行ったアンケートでは、フェアトレードの理解や興味が深まったこと、またこれからの積極的な参加を検討するなど、多くの前向きなコメントをいただきました。そして何よりも、本イベントに関わってくれた後輩たちから、フェアトレードサークルの立ち上げのアイデアまで出てきたことが大きな成果でした。




 これからも私たちは、新しいメンバーと共に、継続的にこのようなイベント行い、昭和女子大学がフェアトレード大学国際認証を取得できるように、今後もより活発に活動を広げてゆきたいと思います。




(環境デザイン学科・4年・加藤優育)

詳しい活動内容: https://fairtradeswu.wordpress.com/

RECOMMEND

TOP