ベトナム・カイベイ地区の伝統的衣服調査


服飾デザインマネジメントコースの教員グループがベトナムの伝統衣服の調査を行っています。近年、近代化の著しいベトナムでは、人々の衣服のスタイルも欧米化し、固有の伝統的な服飾文化が失われつつあります。そこで、私たちのグループはベトナムの衣服における伝統文化を明らかにするために、伝統的な日常服が庶民の間でどのように使われ、変化しているかを調査しています。今年は、南部、メコン川流域のカイベイ地区で調査しました。他の地域と同様に、女子学生の制服はアオザイでした。
しかし、日常着として伝統的な衣服を着ている人のほとんどは高齢者でした。メコン川に近いこの地域では植物が豊富に生い茂り、かつては樹の皮や草、果実などが天然染料として使われていました。今後は、この調査結果をベトナムの本に掲載したり、日本の学会などで発表する計画です。

RECOMMEND

TOP