卒業後のキャリアとOG懇談会

最近、学生に就活や卒業後のキャリアについて、どんなことを考えているのかを聞く機会が立て続けにありました。

学年により段階は異なりますが、全般的に「なにかやらなきゃいけないけど何をやっていいのかわからない」という不安と焦りの声が大きいです。とくにこの1,2年はコロナの影響で思い描いていた大学生活が送れないことが拍車をかけているようです。

なかには、「就活のために〇〇をやったほうがいいですか」とか「○○をやることは就活に有利ですか」と聞く学生もいますが、そこでちょっと待った…。目先のことだけしかみてないのでは?

そんなみなさんには、年齢を問わずいろんな人の人生経験の話を聞くことと、今自分が考えていることを素直に口にできる場を持つこと、このふたつを是非お勧めしたいです。

ひとつめに関しては、本学のウリでもある社会人メンター制度をぜひ活用してください。いろんな職業、いろんな人生経験を積んだ社会人女性300人が登録しており、その方たちから自身の体験や考え方をフランクな場で聞くことができます。

実はこれってかなり貴重な経験です。いままで目先の就活しか見えていなくてどんより焦った気持ちから、もっと力を抜いていいんだ、好きなことをやっていいんだ、と解放されて視野が広がっていく学生を多くみました。

また、学科で定期的に開催している「OG懇談会」もかなり貴重な場です。

建築・インテリアデザインコースでは、年に3回開催しており、今年度第1回目のOG懇談会が、今週末に開催されます。今回は、卒業して3年目のOGを4名お招きし、どんな学生生活を送っていたか、大学時代に印象に残っていること、今につながっていること、就活の状況、現在の仕事、学生へのメッセージなど、多くのことを語ってもらいます。質疑応答タイムでは、今学生が思い悩んでいる相談や知りたいことをぶつけ、それに対してそれぞれの経験や意見を聞いていきます。私は毎回このOG懇談会で、社会人として活躍している卒業生の姿に感動します。学生のみなさんにとっては私以上に得るものが大きいはず。建築コースに限らず、今何をしていいかわからない、なにか突破口を開きたい学生はぜひご参加ください!

※写真は以前のOG懇談会の様子。現在はコロナの関係でオンラインで開催。

(准教授 番場美恵子)

RECOMMEND

TOP