建築・インテリア系OG懇談会

前期授業も終了する7/25(月)に、今年度最初のOG懇談会が開催されました。

さまざまな分野に就職した卒業生を招き、就職活動、現在の仕事の様子、学生時代にやっていたことなどを話してもらい、在学生とざっくばらんに懇談する会です。

建築・インテリア分野といっても幅広い職種があります。今回来ていただいた方は、ゼネコンから清水建設の久野さん、ハウスメーカーから三井ホームの丸山さん、部品メーカーからスガツネ工業の中村さん、デザイン事務所からnendoの池さんの計4名です。4人とも2014年3月に卒業し、今年入社3年目です。

4者4様で、就活の時期やエントリーした数もさまざま、就職した今は、職種はもちろんのこと、就業時間や休みの曜日、ふだんやっていることなど、バラエティに富んでいてとても楽しい話を聞かせてもらいました。

og2

 

og1

私が個人的に印象に残っているのは、学生時代にカメラ店でバイトをしていた中村さんの話です。カメラ店に来店する客は、店員に専門的なことを聞きにやってくる人が多いそうで、バイトであってもそれに答える専門知識が必要。そこでカメラに関する知識を学んだそうです。そんな経験があり、小さい部品でも専門的に重要だということを知り、部品メーカーに興味が沸いたといいます。

また、デザイン事務所に就職した池さんは、もともと事務所志望で、まわりが就活をしているときにはまったく活動せず、ひたすらいろんな事務所のオープンデスクに行っていたそうです。

本当にみんなさまざまでしたが、共通していえるのは、「自分が何をやりたいか」をきちんと探し当てたことだと思います。もともと強い意志をもっている人もいれば、就活をとおして自分を見つめ直して考えるようになった人もいました。

最後に、何人かのOGが「大学時代の設計製図は大切!たいへんだけどぜったいやりとげるべき。設計製図ごときでへばっていたら、社会人としてやっていけない」と言ってました。在学生のみなさん、肝に銘じてがんばりましょう。

(専任講師 番場美恵子)

RECOMMEND

TOP