服飾DM総合演習  特別講義 「アクセサリーの歴史」


 アクセサリーミュージアム館長の田中元子先生をお招きし、「アクセサリーの歴史」について特別講義をしていただきました。2010年にオープンしたアクセサリーミュージアムは、約5万点のアクセサリーを収蔵し、1850年~2000年代に至るコスチュームジュエリーがファッション、文化、風俗などの時代考証とともに約3000点展示されています。
>

 お父様の代からアクセサリーの企画・製造・販売を手がけ、アクセサリーと共に50年余歩んでこられた田中先生は、日本におけるアクセサリー界の草分け的存在です。特別講義ではアクセサリーの変遷について、豊富な資料を基に各時代の特徴的なデザイン、技法、材料について、文化、風俗とともに解説をしていただきました。これらの実物資料を通して、常にファッションとともに身近にあり、時代を反映しているコスチュームジュエリーについて理解を深めることができました。
 世界を股にかけてご活躍をされている先生のお話はとても魅力的で力強く、これからを生きる女性には「知識」「教養」そして「強い心」が必要であるとのメッセージをいただきました。(谷井)

RECOMMEND

TOP