東京デザイナーズウィーク2011

 
 東京デザイナーズウィーク2011(日本最大のデザイン展覧会)にデザインプロデュースコースが授業で初参加しました。作品タイトルは「究極のLOVE」です。人間のフェティズムをリアリティーに表現するため一つ一つは目・鼻・口などの部分写真ですが、全体で見ると天使と悪魔に見えるという面白さがあります。多くの作品がある中で最終選考まで残り学生賞にエントリーされました。学生は他大学と競い合うことで多くの刺激を受けたようです。准教授 藤澤忠盛

RECOMMEND

TOP