東明学林の魅力って?!

2/17(金)~20(月)に学寮研修が行われたことは、他のトピックスでもお知らせしましたが、
今回は、研修施設内の大自然についてお知らせしたいと思います。

『東明学林』は足柄地域東側の大井町に位置し、足柄山系や箱根外輪山の美しい山並に抱かれ、
足柄平野と富士山そして相模の海が一望できる自然豊かな約12万平方メートルの雄大な樹林に
囲まれている総合研修施設です。

まずは、東明学林の正面玄関から。

そっか!斜面に建っているから、玄関が4階にあるんですね~♪
ちなみに、右側に見えているのが相模湾です。

 
万葉の道から見上げる東明学林
ホント、白亜の豪邸のようですね!

  
時折雪が舞っていましたが・・・
椿が咲いていたり、夏ミカンがたわわに実っていたり(この夏ミカン、おいしいんですよ!)、
南側の斜面では紅梅が満開だったり。。。
もう、春はすぐそこまで近づいてきているんですね。

そして、ここの魅力はなんといっても絶景の富士山が見られること!!!

2/20朝やけの富士山
実は、夕暮れ時の富士山も幻想的ですよ。

今回の労作は竹林の整備
竹を間伐したり、集めて焚火場へ運んだり・・・
 
この東明学林は、先輩たちが労作を通じて作り上げてきた場所でもあります。
下の池と言われるこの蓮池もその1つ。

時期になると蓮の花がきれいに咲くのですが・・・
実は、この池は私も掘りました!!!
初めての労作だったので、女子校なのにこんなこともするのかとびっくりしましたが(笑)
今でも学林に来ると必ず訪れる場所の1つです。

今回、東明学林のいろいろな写真を見た卒業生たちから「なつかしい~!」という声を聞きました。

東明学林には、これ以外にも見所は満載です。
みなさんが学寮で訪れる時期は、きっとアジサイが見事に咲くころ。
3泊4日の学寮研修は様々なイベントがありますが、是非建物から出て、
施設内の大自然も満喫して楽しい思い出をたくさん作ってほしいなぁ~と思います。

                                 文責:助手 金井千絵

RECOMMEND

TOP