赤松珠抄子先生 デザイン計画特講


本日のデザイン計画特講は、
インテリアデザイナー、フォトエッセイストの赤松珠抄子先生でした。
先生は、ジャストの「お部屋改装し隊」、王様のブランチにも出演されました。
近年はフォトエッセイストのお仕事に取り組み、
インテリアデザイナーの視点から、僻地にある
その地ならではの地形から生まれた住宅を取材して雑誌に掲載されています。

授業では、学生時代のこと、就職した編集社でのお話、
インテリアデザイナーとしてフィンボスラボ株式会社を設立される前後の
空間リノベーション、リフォーム、そして
フォトエッセイスに関わる様々な事例と体験談、
先生がこれまで手がけてきたお仕事の内容を
テキスタイルのことを含みながら
スライドを交えてお話をうかがうことができました。

また、学生時代にもっと英語を!!
お仕事はまず3年。真面目に取り組む。その時の経験が後の人生にも生きていく。
就職活動もはじまり、悩みも多いと思いますが、
お仕事を探す時は、会社の大きさではなくて、自分にあった就職をして欲しい。
女性として、結婚、出産等もあると思いますが、とにかく続けていくことが力になります。
など、貴重なお話をうかがうことができました。

小学生時代にジャストをみて、本学科に入学した人も。
講演終了後、先生の周りには円陣ができ、熱心に質問する姿も見られました。

(下村)

RECOMMEND

TOP