2012年 海外デザイン演習 服飾(7)最終

9月20日(木)1日グループ行動による視察でした。個々に違う場所に。行き先はベルサイユ宮殿、オルセー美術館、サクレクール寺院、ノートルダム大聖堂、オペラ座、中世博物館(世界3大タペストリーの1つが展示されています。その題名は臭覚、味覚など)、サントシャペル(中世の古いステンドグラスが見事です)、エッフェル塔、凱旋門、プランタンデパート、シャンゼリゼ通りなどです。

9月21日(金)この研修旅行最後の日程です。午前中は、世界最大のテキスタイル見本市プルミエールビジョンを視察しました。会場は大変広く、高級生地、雑貨、染色プリント、皮素材、機能素材などのゾーンに分かれています。各ゾーンには会社のブースがあり、その中に生地が展示されています。バイヤーはそのブースを訪問して商談をするというスペースになっています。バイヤーが実際に商談を進めているところを見ることができます。学生にはこの会場にぜひバイヤーとして戻って来てほしいものです。視察終了後は各グループで自由行動。夕方はさよならパーティー。夕食後セーヌ川クルーズで最後の夜を堪能することができました。

プルミエールビジョン入り口

さよならパーティーにて

セーヌ川クルーズにて、エッフェル塔を下から

翌日9月22日にパリを出発し、23日朝、成田に無事到着しました。お疲れさまでした。

これで、今年度の海外デザイン演習のレポートは終了します。是非、海外の文化に触れ視野を広げてください。                                   (担当 下村)

RECOMMEND

TOP