第1回目のウォーキング練習開催!

この日は11月のファッションショーでモデルを務める学生さんたちが集まって、ウォーキング練習を行いました。当日の様子を学生が取材してきましたので、お伝えします。

———————- 

2014年7月26日、今年初めてのウォーキング練習を行いました。

毎年 昭和女子大学のファッションショーでは、環境デザイン学科の学生のみでなく、学内全体に声をかけてモデルを引き受けてもらっています。プロのモデルではないので、プロの講師をお招きして、ウォーキングレッスンをしていただきます。今回は柔軟体操や姿勢の作り方など、基礎的なところから教わりました。

 

 

 

 

 

 

今回の練習では、全身のストレッチから始まり、美しい姿勢を保つための体幹トレーニングを経て、ウォーキング・ターン練習を行いました。最初は緊張してうつむきがちなモデルさんが見受けられましたが、終盤につれて顔を上げ堂々とウォーキング練習に臨んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

練習終了後、モデルさんにインタビューしたところ、多くの人は『姿勢を注意されたので、日常生活の中から気を付けていきたい。』と話していました。モデルさんたちは各自課題を持ち帰って、ショーに向けて、練習していきます。

11月の本番では、練習の成果を発揮できるように努力していきます。ぜひファッションショーに足を運んでください。お待ちしております。

(DP総合演習ファッションショープレス担当:小池・佐藤・村田)

———————- 

 講師の永井レイ先生はファッションモデルとして、ジバンシー、イヴ・サンローラン、クリスチャン・ディオール、ヴァレンティノ、ニナ・リッチなど、世界的トップデザイナーのショーでモデルを経験、現在はウォーキングスタイリストとしてご活躍されています。いつも丁寧なご指導をいただき感謝です!

(助手 森岡奈美)

 

RECOMMEND

TOP