2014ファッションショー報告「本番編(後編)」

前編に引き続き、ファッションショーのご報告「本番編(後編)」です。

——————————–

  

魅惑

女性の魅力的な色気、可愛らしさに潜む心の中に秘められた感情を表現しました。ピンクや紫、黒が主に使われ、とても大胆なデザインで観客の皆さんの注目を集めました。

 

  

やまとなでしこ

「魅惑」とはガラリと雰囲気が変わり、愛らしさ、おしとやかさで品のある美しさを兼ね備えた、日本人女性ならではの魅力を表現しました。膝下丈のスカートや落ち着いた色合いが印象的でした。

 

  

-kazaru-

白地に数多くのカラフルな花の装飾と、アップテンポなBGMがより世界観を作っていたこのシーンのコンセプトは、並外れた自己主張に隠された“オンナ”を表現しました。

 

 

女性であること。誇り。

「女性らしさ」「誇り」を花言葉に持つ椿をモチーフに凛とした姿、繊細で清く、美しい女の世界を表現しました。全体が白っぽく落ち着いていますが、その中に華やかさが感じられました。“女”がテーマであったこのファッションショーのラストシーンにはぴったりでした。

 

ショーが終わってから全員で反省会、片づけをして第11回ファッションショーは幕を閉じました。

今回ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

ファッションショーは来年も実施されます!

次回のご来場も心よりお待ちしています!

(ファッションショーDPプレス担当:木村、伴塲、堀川)

 

 ———————————

2014年度第11回ファッションショーのご報告は以上で終了です。

当日お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

そしてファッションショーに関わったスタッフの皆様、お疲れ様でした。

さて、服飾DMコースは来年度のファッションショーに向けてすでに動き出しています。

執行部を中心に、ショーのテーマやシーン構成を検討中のようです。

次年度も良いショーになることを祈っています!

(助手:森岡)

 

 

 

 

RECOMMEND

TOP