2015ファッションショー報告「準備編」

2015年度もあと少しで終わりです。ここで、11月の秋桜祭で行われた服飾DMコース学生によるファッションショーを振り返ってみたいと思います。
ファッションショーの前々日~本番までの記録を「準備編」「本番編(前編)」「本番編(後編)」に分けてご紹介します。

「準備編」
◆11月12日(木)(本番前々日)
ファッションショー直前の会場づくりの様子についてご紹介します。
毎年、ファッションショーは体育館を使って行っています。4限の授業が終わった2,3,4年生はファッションショーにスイッチを切り替え、準備に取りかかります。体育館では、3年生を中心に学年、コースを超えて会場作りが行われていました。今年新しくなった舞台の床の組み立てと設置、大きなパネルの組み立てなど、力仕事も多いですがいくつかのチームに分かれて作業を進めていきました。
組み立て作業が続く中、先生方からいただいた差し入れのおにぎりを頬張り、楽しく休憩する場面も。気力体力共に回復しつつ、組み立て作業は夜遅くまで続きました。

DSC_2472DSC_2473

◆11月13日(金)(本番前日)8:50~
ファッションショー前日、服飾コースの2,3年生を中心にDP総合演習の参加学生も加わり、会場全体の仕上げを行いました。会場にマットを敷いたり、パネルを運んでステージを組んでいきました。音響機器や照明器具も取り付けられ、いよいよ本番のステージが完成です。

DSC_2517DSC_2554

午後からは完成したステージで本番さながら通しのリハーサルを行いました。本番の舞台で歩くのが初めてのモデルさんも、回数を重ねるごとにウォーキングがぐっと上達していきました。

DSC_2570DSC_2666

何度も何度もチェックをしつつウォーキングやポーズに調整を入れていきます。

DSC_0228OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リハーサルを重ねるにつれて今まで一つひとつのシーンだったものが全体を通してひとつのファッションショーとなっていき、本番への期待が高まっていきました。
リハーサルの後は、シーンごとに照明の業者さんと最終の打合せを行いました。最後の最後までより良いものにしようと妥協しない姿に1年をかけて準備してきたファッションショーへの想いの大きさを強く感じました。ファッションショーに関わる全員の想いを一つに、来ていただいたお客様に最高の「Voice」をお届けできることを期待します。

「本番編(前編)」へつづく・・・

(助手:相島)

RECOMMEND

TOP