2021年度に入学するみなさまへ ‐4コースより-

新年度に向けて、各コースより「入学までの過ごし方」のアドバイスです。
希望するコースだけでなく、他のコースではどんな視点を持って臨むのか是非見てみてください。多角的な視野は自分の世界を広げてくれます。



■建築・インテリアデザインコース
建築・インテリア系の雑誌や図書(新建築、住宅特集、JA、a+u、GAなど)、webサイトなどを利用し、最新の建築事例を数多く見ておいてください。特に可能であれば、実際に建物を見学に行くように心がけてください。(注:個人住宅は見学できません。)また建築・インテリア、デザイン系の各種イベントや展示にも足を運びましょう。


■プロダクトデザインコース
生活の身近にあるデザイン製品を観察してスケッチしてみましょう。
美術館やギャラリー等でなくても日常の中に様々なデザインのヒントが隠れています。
現在の外出が難しい状況下でも生活の中に学べるコトは、無限にあります。
2月10日(水)~15日(月)にプロダクトデザインコースの卒業制作学外展が開催されます。もし可能でしたら、将来何をデザインしたいのかをイメージしながら訪れてみて下さい。

《プロダクトデザインコース 卒業制作展2021》
開催日時:
2月10日(水)-14日(日) 11:00~19:00
2月15日(月) 11:00~16:00

TIERS GALLERY
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-7-12
https://www.arakawagrip.co.jp/tiersgallery/

Instagram
https://www.instagram.com/swu.product.2021/



■ファッションデザインマネジメントコース
1)  1月から3月にかけて、パリコレクション(正式名称は、Paris Fashion Week)が開催されます。下記のURLにアクセスし、最先端のファッションに触れてみてください。「ファッションは時代を映す鏡」と言われますが、”いま”という時代の空気を捉えることが大切です。

① メンズコレクション 2021-22年秋冬シーズン
 日程:2021年1月19日~1月24日
https://parisfashionweek.fhcm.paris/en/calendar/

② オートクチュールコレクション 2021年春夏シーズン
日程:2021年1月25日~1月28日
https://hautecouture.fhcm.paris/en/

③ ウィメンズコレクション 2021-22年秋冬シーズン
日程:2021年3月1日~3月9日
https://parisfashionweek.fhcm.paris/en/calendar/

鑑賞ポイント:
・どのような色が多く使われているか注目しましょう。
・オートクチュールのドレスは、一点一点手仕事で制作されます。手仕事ならではの魅力に触れてください。
・日本のブランドは何ブランド参加しているでしょうか。調べてみましょう。
・メイクやヘアスタイルにも注目しましょう。


2) 映画からファッションについて学びましょう。下記に紹介する映画は、いずれも皆さんと同年齢ぐらいの主人公が登場する作品です。彼女たちは服装や容姿を通じて、自分らしさを探し、周囲とコミュニケーションを図ろうと努めます。登場人物のファッションに注目して、鑑賞してみてください。

① 『さよなら、退屈なレオニー』 セバスチャン・ピロット監督 2018年(カナダ)
② 『クルーレス』 エイミー・ヘッカーリング監督 1995年(アメリカ)
③ 『ミーン・ガールズ』 マーク・ウォータズ監督 2004年(アメリカ)
④ 『プラハ!』 フィリップ・レンチ監督 2001年(チェコ)
⑤ 『Girl/ガール』 ルーカス・ドン監督 2018年(ベルギー)


■デザインプロデュースコース
社会で起きている物事に関心と興味を持ち、様々な分野の雑誌、書籍を読んでください。そして、街に出て様々なイベントや建築、空間、ファッション、製品、サービスを観察してみてください。誰をターゲットとし何を目的にデザインされたものなのか考えてみてください。世の中に広がるデザインの可能性を知る事が、きっとこれから始まる大学生活や未来へのヒントになるはずです。



■学科推薦図書
『建築について話してみよう』 西沢立衛著 王国社 2007年
『14歳からのケンチク学』 五十嵐太郎著 彰国社 2015年
『建築・都市ブックガイド21世紀』 五十嵐太郎著 彰国社 2010年
『人類と建築の歴史』 藤森照信著 筑摩書房 2005年
『センスは知識からはじまる』 水野学著 朝日新聞 2014年
『2000万個売れる雑貨のつくり方』 日経デザイン編 日経BP社 2012年
『MUJI式 世界で愛されるマーケティング』 増田明子著 日経BP社 2016年
『三宅一生 未来のデザインを語る』 三宅一生著 岩波書店 2013年
『日本のデザイン⁻美意識がつくる未来』 原研哉 岩波新書 2011年
『デザイン志向が世界を変える』 ティム・ブラウン著  千葉 敏生訳 ハヤカワ・ノンフィクション文庫 2014年
『ちぐはぐな身体 ファッションって何?』 鷲田清一著 ちくま学芸文庫 2012年
『ミナを着て旅に出よう』 皆川明著 文春文庫 2014年
『クローゼット』 千早茜著 新潮文庫 2020年
『大量廃棄社会 アパレルとコンビニの不都合な真実』 仲村和代・藤田さつき著 光文社新書 2019年

RECOMMEND

TOP