創造的休暇を過ごすために vol.15

プロダクトデザインコースの橘です。

 

この企画も、大勢の方々の魅力的な視点で充実してきましたね。

全部見るのは大変だと思うので、一部でも手に取ってもらえると嬉しく思います。

 

今回は、前回おすすめした童話作家のもう一遍を紹介します。

これまたかわいらしい表紙が特徴的です。

橘倫央 専任講師の推薦図書『ボンぼうや』橘春香 作・絵

 

 

お話は、小人のボンぼうやが未知なる世界へ冒険の旅にでるお話です。

ボンぼうやは、ポプラの木のお家から出たことがありません。
一緒に暮らすおばあさんとの約束 (いいつけ) があったからです。

 

でもある日、意を決してまだ見たことのない世界へたった一人で冒険へ出るのでした。
物語は不思議で驚きの世界各地から、ボンぼうやがおばあさんへ送った手紙によって進んでいきます。

 

・ アルパカの丘
・ 氷の棚田
・ 工場をつくる工場

 

一話一話の冒険物語は、驚きと発見に満ち溢れています。

 

守らなければならない約束があったり、無意識な習慣によって
自分の心が少し窮屈に感じてしまうことってありますよね。
全てを無視することは難しいかもしれませんが、
少しの勇気で、一歩踏み出してみることも必要なことなのだと思います。

 

これからの社会のためにも、自分の幸せのためにも、
自分の足で、目で、体を使って体験することの大切さをこの本は教えてくれます。
デザインを学んで行く人には “経験” にまさる価値はないのだと思います。

 

 

お気づきの方もいるかもしれませんね。
私の姉の 2 冊でした。営業じゃありませんよ!

 

専任講師 橘  倫央

illustration:佐原輝夫

RECOMMEND

TOP