就職について

それぞれのコースで、どんな業種に就職するの?

就職先の業種を見ると、多くの卒業生がそれぞれのコースの特徴や専門性を活かした職についています。各コースの状況は以下の通りです。

建築・インテリアデザインコース

一級建築士の受験資格を活かした就職活動を行ない、建築・不動産などの専門領域へ就職しています。

プロダクトデザインコース

大学4年間で培ったデザインスキルを活かした就職活動を行ない、サービス・情報・メーカーなどの各業界のデザイン分野に専門性を活かした就職しています。

ファッションデザインマネジメントコース

大学4年間で培った被服に関する知識・技術を活かした就職活動を行ない、服飾系のサービス・流通・商社・メーカーなどの専門性の高い業種に就職しています。

デザインプロデュースコース

企画力やプレゼンテーション・コミュニケーション能力を活かした就職活動を行ない、サービス・情報・メーカー・商社など幅広い業種に就職しています。

2019年度までの5年間の就職状況(環境デザイン学科)

環境デザイン学科 人数 進学決定 就職進学決定以外 就職決定
人数 割合 人数 割合 人数 割合 内定率※
 2019年度  190 5  2.6  7  3.7 176  93.7  95.2
2018年度 187 10 5.5 6 3.2 171 91.4 96.6
2017年度 183 5 2.7 6 3.2 172 93.9 96.6
2016年度 200 5 2.5 9 4.5 186 93.0 95.4
2015年度 156 7 4.5 7 4.5 142 91.0 94.0

※上記就職状況は各年度における学校基本調査(5/31)現在の数値を表記しています。
※内定率については内定率=就職決定/(卒業生数-進学者数)で算出しています。

 

卒業後の進路は?

環境デザイン学科の卒業生は、建設・アパレル関係など専門性を活かした業種は勿論、多岐にわたる業種への就職傾向がみられ、本学科で培われた知識や技術を社会で遺憾なく発揮し、活躍しています。

※なお、データについては2019年度実施した「環境デザイン学科卒業生動向調査」のアンケート結果をもとに作成されたものです。

 

     クリックで拡大(別ウィンドウで開きます)

 

 

INFORMATION

COURSE

TOP