就職について

それぞれのコースで、どんな業種に就職するの?

就職先の業種を見ると、多くの卒業生がそれぞれのコースの特徴や専門性を活かした職についています。各コースの状況は以下の通りです。

建築・インテリアデザインコース

ゼネコン、建設会社、設計事務所、住宅メーカー、不動産会社などに就職しています。一級建築士の受験資格を活かした建築・構造・設備の設計や施工管理の技術職の仕事に就いたり、大学院へ進学しています。

プロダクトデザインコース

大学4年間で培ったデザインスキルを活かした就職活動を進めています。サービス・メーカー・情報などの各業界のデザイン分野で専門性を活かした就職をしています。

ファッションデザインマネジメントコース

ファッション系の流通・サービス・商社・メーカーなど、大学で学んだ専門を活かした職業へ就職しています。中でもファッションの専門を活かした総合職へ進んでいます。

デザインプロデュースコース

企画力やプレゼンテーション・コミュニケーション能力を活かし、サービス・情報・出版・広告・流通・メーカーなど幅広い業種に求められる人材として就職しています。

過去の就職状況

詳しくは、大学の就職実績ページをご覧ください。

卒業後の進路は?

環境デザイン学科の卒業生は、建設・アパレル関係など専門性を活かした業種は勿論、多岐にわたる業種への就職傾向がみられ、本学科で培われた知識や技術を社会で遺憾なく発揮し、活躍しています。

     クリックで拡大(別ウィンドウで開きます)
 

INFORMATION

COURSE

TOP