初の学外ファッションショー「ジャポニスム×ファッション」大盛況でした!

先日、HPでも告知させていただいた、服飾デザインマネジメントコース初の学外ファッションショー「ジャポニスム×ファッション」が去る7月6日、世田谷美術館講堂にて開催されました。以下、ファッションショープレス担当の学生より、当日の様子をご報告いたします。

 ———————-

 7月6日、現在世田谷美術館にて開催中の「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」とのコラボレーション企画として、環境デザイン学科服飾デザインマネジメントコースによるファッションショー「ジャポニスム×ファッション」が行われました。

このショーでは服飾デザインマネジメントコースの4年生が衣装からメイクまで自らデザインし、演出や音響まですべて学生の手で行いました。

それでは当日の様子をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

楽屋では朝早くからモデルさんのメイクを始め、緊張している様子でした。

リハーサルでは、今までの練習で気づいた注意点などの最終確認を行っていました。時間の許す限りポーズや立ち位置の確認をし、モデルさん達の表情も真剣で意識の高さを感じました。

さて本番です。1回目の14時と2回目の16時からのどちらの時間も、会場は満席でたくさんのお客さんがあふれていました。お客さんが見守る中モデルさんたちが登場します。堂々としていて自信のある表情で、とても感動するショーとなりました。リハーサル以上の素晴らしさで大盛況のうちに幕を閉じました。

 
これらの衣装は11月に開催される秋桜祭でのファッションショーにもその一部として再び登場します。秋桜祭に向けてブラッシュアップして、さらに素晴らしいショーが見られることを期待します。

(DP総合演習ファッションショープレス担当:藤井・町田)

 ———————-

ショーの様子は「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」の公式ブログでも紹介されています。

最後になりましたが、当日お越しいただいた皆様、このような機会を与えてくださった世田谷美術館、NHK及びNHKプロモーションの皆様に、服飾デザインマネジメントコース一同、心より感謝申し上げます。

(助手:森岡奈美)

RECOMMEND

TOP