ファッションショー My fav 2021 vol.7「展示室準備」

2021年秋桜祭 ファッションショーについてのお知らせです。

今回は11月12日に行われた展示室準備についてご紹介します。展示室では、8つのブランドの世界観および私たちがファッションを通して伝えたいことを体現する空間づくりを行いました。

デザイン画やインスピレーションソースなども展示し、完成に至るまでのプロセスを覗くことができます。制作の裏側を見ることができるのは展示室だけなので、ぜひ足を運んでみてください。

 

さて、ここからは各ブランドの展示室へのこだわりについてご紹介していこうと思います。

LEON

発泡バインダーやラミネートなどを用いて、LEONの目指す「黒」の世界観を表現しました。何度も書き直しを行い、こだわり抜いたデザイン画の軌跡をぜひ感じ取ってください。

Utopie

「夢の世界」というイメージに近づけるべく、レース布やパールを使用して儚さを表現しました。ショーとは別の、洋服以外のもので溢れた世界観を楽しんでほしいです。

Conte de reve

インスピレーションソースをまとめたストーリーボードから、自分が主人公になった気分を味わってほしいです。衣装チェンジを体験できる工夫を施しているので、ぜひ訪れてください。

Elle

Elle(エラ)という一人の主人公の生活や、彼女の好きな「ゆめかわ」な世界観を表現しています。引き篭もりがちな日常の中で、部屋の中だけでなれる「本当の自分」を感じてほしいです。

Livelllious

机やアクセサリーなどの展示品の統一感に細部までこだわることでパンク感を演出しました。個性を出して生きることの楽しさに気付くきっかけになればと思います。

anne

カフェの日常感をイメージし、心地良い空間づくりを目指しました。イルミネーションやワイヤー、トルソーなどで演出された、思わず写真を撮りたくなるような一画になっています。

After you

品位のあるお淑やかなレディーをイメージした空間を目指しました。「ルージュを引いて私の1日を」というコンセプトを再現した世界観をお楽しみください。

Teenage crush

「頭の中の、理想のファッションショー」をコンセプトにした世界観を統一するために、小物や背景まで拘りました。幼い頃の心を取り戻せる空間になっています。

 

ファッションショーは動きがあり、静止した状態を見ることができない瞬間的産物であると言えます。それとは対照的に、展示は足を止めて心ゆくまで作品を鑑賞することができます。展示室でゆっくりと時間をかけてお気に入りの作品を見つけ、「自分の好き」を改めて見つめ直してみてはいかがでしょうか。

展示室は体育館正面にある3号館の2階、2S03と2S04教室で、秋桜祭期間中の二日間とも10時〜16時までとなっております。

8つのブランドが半分に分かれ、二つの教室で展示が行われています。それぞれの教室を楽しんでもらえるような空間を準備しましたので、ぜひ両方とも訪ねてみてください。

また各ブランドのコンセプト動画や、ショーのエンディング動画の放映も行う予定です。

足下だけを写したような部分的なショットにすることで、観ていただいた方に「もっとショーで続きが見たい」と思っていただけるような動画を作成しました。

他にも展示室にはショーを事前予約して来てくださった方が対象の限定プレゼントもご用意しております。ただし数に限りがございますため、その旨ご理解ください。このように当日はショーのみならず、作品を楽しむことのできる魅力的な展示室を準備しましたので、ぜひ訪ねてみてください。

さてついに11月13、14日は待ち望んだ秋桜祭当日です!

これまで秋桜祭に向けて3・4年生を中心に多くの学生が携わり、協力して準備を進めてきました。長い月日をかけて取り組んできた集大成のファッションショーをぜひご自身の目でお確かめいただけましたら幸いです。

(ファッションショーDPプレス取材チーム担当:鈴木)

RECOMMEND

TOP